自分自身が皆様の立場に立った気持ちで、
小児からご高齢の方まで、質の高い最善の医療を
提供いたします。

院長  福本 巧
整形外科、小児整形外科
リウマチ科、リハビリテーション科


 私は、平成2年に熊本大学医学部を卒業後、20年間にわたり、熊本大学医学部付属病院、熊本県こども総合療育センター、熊本市民病院及び2年間の米国メイヨークリニック留学等を経て、これまで整形外科の研鑽を積んで参りました。

 平成12年からは熊本市民病院にて、一般外傷、骨折、救急外傷をはじめ、股関節や膝関節の人工関節手術、人工関節を使わない骨温存手術、脊椎疾患、リウマチ疾患等を数多く担当し、平成19年からは整形外科医長として、診療にあたってきました。

 また、こども総合療育センター勤務時代も含め、市民病院では新生児、小児の疾患が多く、県内での健診からの御紹介も頂き、先天性股関節脱臼やペルテス病等をはじめとした小児整形外科疾患に対する豊富な経験と治療の実績があります。

 米国メイヨークリニックは、全米でも有数の病院であり、ここで2年間、関節軟骨の修復と再生に関する研究や、米国での最先端の医療を学んできました。

 これまでは、総合病院での手術を中心とした医療に携わってきましたが、最近になり「花立〜桜木地区に身近な整形外科のかかりつけ医がいない」との声を多く耳にするようになりました。

 そこで、これまでの20年間の豊富な経験を生かし、地域の皆様に信頼いただける、身近なかかりつけ医となるために、新たに、花立に整形外科クリニックを開院いたします。

 症状に対する正確な診断、手術が必要かどうかの判断、手術が必要でない場合の保存的治療やリハビリ治療、手術が必要な場合の市民病院や大学病院等へのご紹介、手術を行った場合の成績や経過、健康に関する心配事など、お気軽にご相談下さい。自分自身が皆様の立場に立った気持ちで、小児からご高齢の方まで、質の高い最善の医療を提供いたします。

 
 
 
 
 
 

 

少しでも痛みを軽く、
「来院して、よかった」と感じて頂けるよう
努力して参ります。

副院長  福本 早由美
麻酔科、ペインクリニック
 


 このたび、整形外科が専門の夫とともに、クリニックを開業することに致しました。

 私は、平成2年に佐賀大学医学部を卒業ののち、熊本大学医学部麻酔学教室に入局、その後、国立病院機構熊本医療センター、人吉総合病院などで麻酔の研修を行ったのち、出産育児や夫の留学に伴う滞米生活等を経て、平成15年から熊本市民病院麻酔科にて、麻酔に携わって参りました。

 市民病院では、手術に際しての臨床麻酔を中心に、外来では電気ハリ治療や、ブロック注射などのペインクリニックも学んでおります。

 これまでの経験を生かしながら、今後は地域医療の場で、さまざまな痛みを抱えられた方々に、少しでも痛みを軽く、「来院して、よかった」と感じて頂けるよう努力して参ります。