整形外科

 
整形外科とは、腰痛、肩こりや膝痛などの関節痛、骨粗鬆症、骨折やねんざ、スポーツでのけが、手足のしびれや坐骨神経痛、むちうち症などの、骨・関節・筋肉・神経を対象とする診療科です。
これらに対する正確な診断を行い、症状や原因に対して詳しく説明し、適切な治療を行います。
最近では高齢化に伴い、骨粗鬆症による骨折や、痛みのある変形性関節症の方が増えています。医学的に効果が認められた治療薬や、ヒアルロン酸の関節内への直接注射が有効です。


   小児整形外科


整形外科の中でも、小児に特有の病気やけががあります。
新生児〜乳児期での股関節脱臼、内反足や斜頚などについての、診断と治療を行います。学童期には、ペルテス病や大腿骨頭すべり症など、歩行に影響する病気があります。また、小児では成長軟骨(骨端線)があり、特有の骨折をおこすことがあります。過度のスポーツ活動で、骨や関節などに影響をおよぼす場合もあります。
迅速かつ的確な診断と治療が大切です。


   リウマチ科


リウマチとは、手足の関節が腫れて痛み、関節が破壊されてくる病気です。最近では、有効な新しい治療薬も開発されてきています。早期の診断と、適切な治療薬の選択が重要です。
リウマチかもと心配される方の中には、腱鞘炎であったり、手指の加齢変化である変形性関節症である場合も多くあります。
お気軽にご相談下さい。


   リハビリテーション科


リハビリテーション科とは、病気やけがからの運動能力の回復の手助けをする診療科です。
当院では、最新のリハビリ機器を導入し、腰痛や関節痛、神経痛を和らげることにより、回復を促します。
緑の見える、リラックスできるリハビリ室で治療をお受けいただけます。


   麻酔科、ペインクリニック


麻酔科とは、手術に際して麻酔を担当する科です。安全に手術や処置を行うために、意識や痛みを感じないように麻酔を行います。

ペインクリニックとは、この麻酔の時に用いる技術の応用で、痛みを遮断するブロック注射や、電気ハリ治療を行います。根治療法とは異なり、病気を治すわけではありませんが、からだのいろいろな部分の痛みを抑えて、神経をやすめることで、何回か繰り返すうちに、症状を緩和する効果が期待できます。

ハリ治療について

当院では、慢性の痛みや、ヘルペス後神経痛などの患者さまに、麻酔科医が電気鍼(ハリ)による治療を行っております。B型肝炎やC型肝炎などの、血液を介した感染症を100パーセント防ぎ、皆様に安心してハリ治療を受けて頂くために、すべての方に、使い捨て針(ディスポ針)を使用いたしております。このため、ハリの本数を、おひとりさま10本に限らせて頂いております。ハリの本数10本に対し、電気の通電端子は8本ですので、確かなツボにハリを打てば、十分な効果が得られると考えております。
安全、安心のため、なにとぞご理解いただきますよう、お願いいたします。